スポンサーリンク

Kep1er JAPAN TOUR 2023 𝐹𝐿𝒴-𝐵𝒴 各会場のキャパと座席、ステージの見え方の比較

LIVE

2023/5/20からKep1er JAPAN CONCERT TOUR 2023 <𝐹𝐿𝒴-𝐵𝒴>が始まります。2023年5月から6月にかけて行われる全3会場、6公演のツアーとなっています。
ここでは各会場のキャパをまとめて比較し、各会場の座席配置やステージの見え方についても記載します。
チケットの申し込みの検討や、会場に行く際に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

会場キャパ一覧

公演日、会場、場所、キャパを表にしました。スマホからのアクセスの方は横スクロールすると表が全てご確認いただけます。また、リンクが張られている会場(文字が青い会場)はクリックすると座席表などを紹介する詳細ページにアクセスできます。

公演日、会場、場所、キャパを表にしました。スマホからのアクセスの方は横スクロールすると表が全てご確認いただけます。また、リンクが張られている会場(文字が青い会場)はクリックすると座席表などを紹介する詳細ページにアクセスできます。

公演日 会場 場所 キャパ
2023/5/20(土) 国立代々木競技場 第一体育館 東京 12,934
2023/5/21(日) 国立代々木競技場 第一体育館 東京 12,934
2023/6/2(金) AICHI SKY EXPO 愛知 6,500
2023/6/3(土) AICHI SKY EXPO 愛知 6,500
2023/6/10(土) 神戸ワールド記念ホール 兵庫 8,000
2023/6/11(日) 神戸ワールド記念ホール 兵庫 8,000

今回のツアー会場の中では国立代々木競技場 第一体育館が最大級のキャパとなっていますが、その他の会場も大きな会場となっています。このため、スタンド席やアリーナ後方の席の方はオペラグラスを持っていくことをおすすめします。オペラグラスを購入する方にお勧めな、リーズナブルで性能も満足なオペラグラスの購入リンクを張っておきます。私は白色を使用していますが、カラーは5色から選べます。小さいながら倍率は10倍、小さく持ち運びも簡単でお勧めです。購入される方はぜひこちらから購入をお願いします!

また、Kep1erは公式のペンライトを出しています。以下のリンクから購入可能ですので、これからライブに行かれる方は参加前に購入されてはいかがでしょうか?きっとライブをより楽しめるはずです!

ここからは各会場の詳細について見ていきます

スポンサーリンク

国立代々木競技場 第一体育館

出典:国立代々木競技場HP https://www.jpnsport.go.jp/yoyogi/sisetu/tabid/70/Default.aspx

会場キャパ:12934席
アリーナ席:4124席(設置方法により変動)
スタンド席:8636席、1階席:1~15列、席番号1~25 / 2階席:1~19列、席番号1~30
車椅子席:104席
来賓者席:70席

レイアウト
代々木競技場第一体育館はアリーナ席と1階から2階までのスタンド席で構成されています。原宿口と渋谷口の二か所の入り口があり、1階席2階席共に原宿口から渋谷口に向けてA,B,C,…,Lと11ブロックが北側・南側の両サイドに並んでいます。会場が楕円のような形をしていますのでブロックによって異なりますが、1階席は最大15列・横25席、2階席は最大19列・30席となっています。ステージの設置位置は公演によって異なりますが、渋谷口側に設置されることが多く、その場合はスタンド席は北側南側共にA~Jブロックまでが販売され、K,Lブロックはステージが見えないため販売されないことも多いです。この時、Jブロックの前列は角度はありますがステージから近い席となります。ステージは原宿側に設置されることもありますので、事前に出回っているチケットから推察することも可能かもしれません。以下の座席表は公式サイトから引用しています。詳しい席番号も調べることができますので、拡大してみたい方は公式サイトよりご確認ください。また、その他の会場情報や周辺情報などは別でまとめていますのでこちらもご確認ください。

出典:国立代々木競技場HP https://www.jpnsport.go.jp/yoyogi/seat/tabid/62/Default.aspx

スポンサーリンク

AICHI SKY EXPO

出典:LOCAL GUIDE BIZ HP https://ja.localguide.biz/listing/aichi-sky-expo/

会場キャパ:6500席
アリーナ席:6500席(設置方法により変動)

AICHI SKY EXPOは座席がなく、全てがアリーナ席となっています。このため、アーティストや公演ごとにステージや座席の設置方法が異なり、会場に入るまで座席とステージの位置がわかりません。設置方法により座席数は異なりますが、最大で約6500席まで設置できるほどの広さとなっており、地面はフラットになっているため後方はステージが見えにくいことも多くなります。

スポンサーリンク

神戸ワールド記念ホール

出典:神戸ワールド記念ホールHP https://www.kobe-spokyo.jp/worldsp-kobe/about/gaiyou

会場キャパ:8000席
アリーナ席:4500席(設置方法により変動)
スタンド席:3528席、2階席:9~12列 / 3階席:13~18列

アリーナを360度、スタンド席である2階席と3階席が取り囲む構造となっています。コンサートで使用される際にはステージの裏側のスタンド席(通常L~Oブロック)は使用されないことが多いです。スタンド席はほぼ全てのブロックで18列まであります。1階席が1列~8列、2階席が9列~12列、3階席が13列~18列となっていますが、実際には1階席はアリーナ席とされることが多いため、9列目が2階席の最前、13列目が3階席の最前となります。ステージに近いブロックの2階席、3階席は見やすく良席です。座席やブロック配置などの詳細は以下の座席表を参照してください。拡大して見たい方はワールド記念ホールのサイトからもご確認いただけます。
その他、会場へのアクセスや周辺情報、座席表などの詳細はこちらよりご確認ください。

出典:神戸ワールド記念ホールHP https://www.kobe-spokyo.jp/pdf/world/kyakuseki_floorguide3.pdf

いかがでしたでしょうか?
この記事がツアーに参加される方、興味があるの方の参考になれば幸いです。
皆様がチケットを手に入れてライブを楽しめることを願っています!

LIVE
スポンサーリンク
110をフォローする
外資系サラリーマン110の良い人生を考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました